1. HOME
  2. 製品一覧
  3. IF

IF

おすすめ製品

新製品情報

特長

価格はそのまま、より便利に使いやすくリニューアルi-Feed2を発売
2015年4月受注分より出荷開始。お見積もり時に随時ご案内いたします。

IF2

特長② 電源スイッチの場所を変更

IF2

特長③ RUNスイッチを新設

特長1
排出能力は従来の1.3倍!
パラメータの見直しなど、さまざまな改良を行い、パフォーマンスの向上を実現しました。

(i-Feed200社内テスト結果による)

特長2
電源スイッチの場所を変更
電源スイッチを本体側面に設置し、操作性が向上しました。
特長3
RUNスイッチを新設
これまではコネクタを抜き差しする必要があった作業が、RUNスイッチ1つで可能に。
特長4
切り替え簡単
10種類のパラメータが設定可能に

あらかじめ設定しておいた10種類のパラメータを、ロータリースイッチを回すだけの簡単操作で切り替えできるようになりました。
特長5
パラメータの変更が即時に反映
これまでは、パラメータ変更の都度電源のON/OFFが必要でしたが、動作中でもパラメータの設定変更が反映されるようになり、調整がスムースに行えます。

※本体入れ替えの場合には以下の点にご注意ください。

変更点 変更前 変更後
本体底面の取付穴を変更しました 4-M3 深さ 9 4-M4 深さ 9 (穴位置は同じです)
I/Oケーブルのピン数を変更しました 14ピン 10ピン

ローコストオートメーションで現場をもっと快適に・・・手軽でコンパクトなネジパーツフィーダー

水平振動方式の採用により
ワークに優しく安定した動作

ステッピングモーターを採用した水平振動方式。ワーク同士の接触や跳ね上がりを避け、安定した振動を実現します。低騒音で、供給されるワークに負荷を掛けません。

水平振動方式
  1. ワークを載せた板をゆっくり前に出す

  2. ワークを載せた板を素早く戻す

ツーリングパーツと直進レールを標準ユニット化
幅広い用途に対応する、手動用、自動機用の全6種

ツーリングパーツを標準化する事で、量産効果を上げ、高いコストパフォーマンスを発揮。手動用のビッドガイドと自動機用のワーク切り出しユニットなど、セル生産作業台から自動組立機まで幅広い用途に対応します。
ラインアップは手動用、自動機用、それぞれボウルサイズを3タイプ用意しました。

  • ビットガイド付
    (手動機)

    ネジをドライバで1つ切り出すと、自動的に次のネジがスタンバイされます。

  • セパレータ付
    (自動機)

    エアを接続し自動的にワークを切り出すことが可能です。

  • ビットガイドレス
    (手動機)
    セパレータレス
    (自動機)

    先端部に切り出し機構がなく、連続排出することが可能です。

簡単操作のティーチングユニットを用いて
さまざまな動作に調整可能

内臓のコントローラは速度・加速・減速・停止時間などのパラメータを変更し、動作をさまざまに調整可能。設定機器として、PCソフト(※)または、専用JOGBOXがあります。
※PCソフトはWEBサイトから無料でダウンロード可能です。

  • JOGBOX
  • PCソフト設定画面

オプションパーツを活用すれば
さらに広がる使用環境&ワーク種

耐油を必要とする場合や、送路幅を広げてより大きなワークを流すなどのカスタムも可能。幅長スペーサーを用いて、直進レールやツーリングパーツの幅調整もできるため、幅広いワークに対応しています。

主なオプションパーツ
  • ボール
    (ナイロン 66炭素繊維入り)
  • 幅広ボール
    (ウレタン)
  • 幅長スペーサー

    直進レール部にスペーサーを挿入する事で、レールやツーリングパーツの幅調整が可能です。(i-Feed90、135、200共用)

対応ワーク

  • 適用ネジサイズ:M1.6~6.0/長さ~21mm
  • ワーク種:ナット・ブッシュ・リング・ヒューズ・ピン・ワッシャーなど
  • ご要望に応じてカスタマイズもいたします。

対応不可ワーク

  • 左記適用ネジサイズ以外のワーク
  • 足が短く縦方向に整列できないワーク
  • 外形サイズで表裏の判別が難しいワーク